所沢で求人掲載中の当社は施工実績が高いです

特にサッシ・ウォールカーテン取付と鋼製工事に強いです

所沢市で正社員の求人を出している当社の実績と評価は、業界内でも高いです。
所沢で人気の求人を掲載中の当社で手に職をつけて、活き活きと働いてみませんか。
業界初心者の方でも先輩が丁寧に指導いたします。

代表あいさつ

代表

株式会社渡邉サッシ工業のホームページをご覧いただきありがとうございます。 当社は2012年1月に設立したのち、会社の成長に伴い2015年1月には法人化するに至りました。

代表の私は中学校卒業後、7年間建具工事の経験を積みました。

元々独立願望があり、職人としての実力もついてきたことから、未経験の弟を連れて上京し渡邉サッシ工業を立ち上げました。

始めの3か月間は請負の仕事をいただきながら、今まで知り合った方の紹介による仕事で、徐々に成長を続けやがて自社でのお仕事を通じたお付き合いや、お取引のみで順調に経営を進めていけるようになりました。 現在では、従業員を増やしながら4社以上のお取引先から仕事をいただいております。

建具の取付は、簡単な仕事ではありませんが達成感のある仕事です。

まだまだ若輩者の私が経営する弊社ではございますが、私たち平成生まれの世代もしっかりとした仕事ができるということを認識していただけるように、今後ますます精進してまいります。

株式会社渡邉サッシ工業をこれからもどうぞよろしくお願いします。

当社の強み

1.若さによる機動力で迅速に施工いたします。
2.施工業者として様々な資格取得、技術向上に努めております。
3.重量物の運搬も安全に行います。

メディア紹介~月刊マスターズ10月号 板東英二さん取材~

己を信じてがむしゃらに働きーから信用と実績を築き上げる

坂東さんと社長

まずは渡邉社長が独立されるまでの歩みから伺います。
私の故郷は新潟で、父があちらにある サッシ工事の会社に勤めていたことか ら、私も16歳のころよりお世話になっ ていました。現場で腕を麿くだけでな く、東京などへの出張にも積佳的に行か せてもらい、様カな経験を積ませていた だきました。その後、少し飲食店でアル バイトをしたこともありましたが、やはり自分にはサッシ工事が向いていると考え、前勤務先に戻ってまた経験を積むように。そして23歳の時、独立のために埼玉に出てきました。当時すでに結婚していましたが、妻と子どもは新潟に残し、単身乗り込んできたんです。

どうして地元ではなく、こちらで独立しようとお考えになったのですか?
頻繁に東京に出張していたので、こちらに知り合いが多かったですし、地元よりも市場が大きいですからね。私には学歴がありませんし、当時はまだ大した実績も築いていませんでした。それでも関東の巨大な市場の中でなら、自分の居場所を見つけられるだろうと思ったんです。何とかなるという根拠のない自信を胸に、がむしゃらに働きました。一つの仕事を成し遂げるたびに成長してい くようで、充実感がありましたね。この仕事は、技術と信頼がなけれ1まれ:事は得られませ ん。ですから、―ョ分なりの努力でーから 信用を築き、ここまでやってきたんで す。1年ほど経ったころには妻子を呼ぴ 寄せ、3年目には法人化も果たせました。

それだけの自信を裏打ちする、実績が築けていたのでしょうね。
ええ。この仕事でやっていけると手応 えが得られました。それに何より、当時は「いけると信じて突き進めば必ず道は開ける」と考えていたんです。

実に前向きな考え方です!
ただ、基本的に私はマイナス思考の人 間だと思いますよ。IいけるJと言い切 る反面、頭の片隅ではずっと悩んでいま す。とは言えマイナス思考は、悪いことではないとも思っているんです。悩み、頭を働かせることは、自身の成長にはプラスになるはず。もちろん悩みすぎるのはいけませんが、楽観的で何も深く考えないのも、よくありませんからね。

自分の頭で考えることに重きを置き 沿に正しいと胸を張れる生き方を

坂東さんと社長

勢いだけでなく、じっくり考えた上で堅実に歩んでこられたのですね。 とは言え、決められたレールの上を進んだり、多数派におもねったり、常識を鵜呑みにしたりするのは、あまり好きではないですね。たとえば9:1で意見が対立していても、1が正しいと思えば、私は迷わず1の側につきます。むしろ、少数派のほうが燃えますね。「もしかしてあっちの方が正しいんじゃないか」と思わせられれば、男として格好良いでしょう(笑)。他人の評価も鵜呑みにしないで、たとえ悪く言われている人や会社でも、まずは直に接してみて、相手を理解しようと努めます。何事においても「答えはどこにあるのか」をいつも考えていて、人と同じようにするのではなく、自分で考えて動かなければと思うんです。 

―思慮深いお人柄なのですね。常識に頼るのではなく、自分の中に芯をしっかりとお持ちだ。
芯がなければ、私のような人間は生きていけないと思うんです。この学歴社会では、高校も出ていないようでは通用しません。加えてまだ若く、キャリアの浅い私が人に認めてもらおうとするなら、人間性しかありませんから。だから人として、経営者としてどうあるべきかということを常にに考え、より良い方向に進めるよう努力しています。心がけているのは「清く生きる」こと。たとえば、ゴミ が落ちていたら拾うとか、交通ルールを守るといったことは、誰が見ても正しいことですよね?そうしたことは必ず守るようにしています。これは、従業員たちにもよく話していることで、誰に対しても胸を張れる生き方を貫き、どこに出しても恥ずかしくない仕事をしたい。それが私のモットーです。それを今後も忘れずに、事業に励んでいきたいですね。
(取材/2016年7月)

所沢の若い方で正社員の求人を真剣に探している方は、地元や都内の現場でサッシ・ウォールカーテン等の施工実績が高い当社で雰囲気よく働いてみませんか。
当社では特に若い力を求めております。
主に20歳から35歳まででやる気があり、現場作業に興味がある方を募集しております。
現場作業においても安全第一だけではなく、現場に信頼される技術を発揮できるよう努めております。
また現場経験がない方でも、丁寧に指導いたしますので、安心して当社へ応募していただけると幸いです。
また採用の際は、社員寮での生活も案内しております。